アキベヤロゴ

  • お気に入り
  • 閲覧履歴
  • 検索条件

賃貸マンション、戸建てを探すなら全国不動産情報サイト アキベヤ

住所からアパート・マンション・一戸建てを探す

保証人がいないときはどうしたらいいの?

保証人がいない場合の賃貸物件の契約

賃貸物件を借りる際に必要な、賃貸保証人というものをご存知でしょうか?


実は賃貸物件を契約する際には、賃貸保証人が必要不可欠となっているのです。


これは例えば契約者である人が何らかの理由によって、

賃貸物件の家賃を払えなくなってしまった場合、

その責任を肩代わりする連帯保証人が必要となります。


ここで言う賃貸保証人とは、その連帯保証人のことです。

賃貸保証人には、契約者の親族がなることが一般的ですが、

この親族が定年退職している場合は条件には適合しないため、賃貸保証人にはなれません。


ではどのようにして賃貸物件を契約するのかと言いますと、

まず1つ目は賃貸保証人を必要としない賃貸物件に契約することです。


これは近年一部のワンルームタイプの賃貸物件でもよく見られる条件ですが、

このようなシステムを利用してみるのも一つの方法でしょう。


そしてもう1つは賃貸保証人を引き受けてくれる保証人会社に依頼する方法です。

こちらの代行業者に依頼する場合は、例え親族でなくとも問題はなく、

依頼する際に手数料を負担することで賃貸保証人を代行してもらえます。



賃貸保証人を代行してもらう際の注意点

本来ならば親族にしてもらうべき賃貸保証人を代行業者に依頼した場合、

賃貸物件を貸す側としても不安を抱く部分は多々あることでしょう。


そのため、賃貸物件が契約が成立しても、家賃の前払いを請求されるケースも可能性としては存在します。

もちろんこれは代行業者にも同様に言えることで、依頼金として、

家賃1ヶ月分ほどを請求されることが一般的です。


これは代行業者も、ある程度のリスクを回避するための手段ですので、

賃貸物件契約の際にはこうした出費が重なることも視野に入れておくべきでしょう。


また賃貸物件を契約する際には、大家さん、代行業者と、

しっかり話し合いをした上で契約を行うようにしてください。