アキベヤロゴ

  • お気に入り
  • 閲覧履歴
  • 検索条件

賃貸マンション、戸建てを探すなら全国不動産情報サイト アキベヤ

住所からアパート・マンション・一戸建てを探す

同棲するときの賃貸物件の借り方

1人暮らしから同棲するには注意が必要?

1人暮らしで恋人がいる場合、自宅に招いて行き来しているうちに、

自然と同棲状態になっていることがあります。


これは恋人関係であれば決して不思議ではないことですが、

実はこの同棲には思わぬ落とし穴があります。


それは、まず一人暮らしとして契約している賃貸物件に、

恋人と同棲している、または半同棲状態の関係にある場合は、

契約違反となる可能性があるのです。


これは契約者以外の人もその物件に住んでいる、

ということになりますから、

当然大家さんに対して報告する義務があるのです。


また、同棲していることを大家さんに黙っていると、

そのことが後々発覚した時に印象を悪くしますから、

やはり事前に報告しておくことをお勧めします。



同棲状態で賃貸物件を契約するには

同棲状態で賃貸物件を契約するのは、困難であるといわれます。


それは、同棲というスタイルが社会的には認められていないため、

大家さんとしてはなるべく信用を得られる状態で、物件を貸したいと思うのが本音なのです。

同棲状態のままで賃貸契約を得るには、まず同棲相手である恋人を婚約者として紹介することです。


これは後々結婚を視野に入れたパートナーであるという、意思表示でもあるため、

大家さんに与える印象や信頼度も違ってきます。


また、2人それぞれに家賃を支払う能力があることを、証明するのも手段の一つと言えるでしょう。

一番肝心なことは、契約について大家さんときちんと話し合うことです。


そして同棲について明確に伝えてから承諾を得ることが重要です。


後々に同棲していることが知られ、契約違反になってしまっては、

家賃をさかのぼって請求される可能性もありますので、

賃貸物件を契約する前には、大家さんにも同棲の件について、

話しておけば、トラブルを未然に防ぐことができるでしょう。